メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

アジアCL 決勝・第2戦 鹿島、初のアジア制覇 補強選手が機能

 鹿島は主要タイトル20冠目を悲願のアジア初制覇で飾った。過去19冠は国内タイトルで、8度目のACL出場で執念を実らせた。

 アジア王座奪取を目標にしたチーム編成を施してきた。

 昨年には全北(韓国)でアジア王者を経験したGK権純泰を、今季途中にはMFセルジーニョ(ブラジル)を獲得した。そのセルジーニョがACLで5戦連続でゴールするなど補強選手が狙い通りに働いた。

 クラブの礎を築いた元ブラジル代表のジーコ氏が今夏、テクニカルディレクターとして復帰したことも大きい…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです