明治神宮野球大会

札幌大谷、決勝へ 星稜と対決 高校の部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第4日は12日、神宮球場で高校の部準決勝2試合と大学の部2回戦の残り1試合が行われた。高校の部は、エースの奥川が7回1失点12奪三振と好投した星稜(北信越・石川)が高松商(四国・香川)を降し、24年ぶり4回目の決勝進出。札幌大谷(北海道)は先発の太田が2失点完投し、筑陽学園(九州・福岡)との初出場対決を制した。大学の部は近大(関西第1)が東日本国際大(東北)…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい