メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

WBCスーパーバンタム級暫定王座戦 亀田、2階級制覇

一回、激しくメディナ(右)を攻める亀田=藤井達也撮影

 プロボクシングの世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級暫定王座決定戦が12日、東京・後楽園ホールで行われ、同級2位の亀田和毅(27)=協栄=が、同級1位のアビゲイル・メディナ(30)=スペイン=に3-0で判定勝ちした。亀田は暫定王座に就き、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級に続いて世界2階級を制覇。兄興毅、大毅(ともに既に引退)と3兄弟そろっての複数階級制覇を成し遂げた。亀田の戦績は38戦36勝(20KO)2敗。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文710文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです