メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人就労

共生、悩む自治体 多様な言語、追いつかぬ対応/ごみや騒音、ルール定着せず 毎日新聞調査

 外国人比率が高い市区町村で約8割が共生を図る取り組みをしているが、地域社会のルールをどう浸透させるかなど課題も多い--。毎日新聞が比率上位50市区町村(政令市の行政区は1自治体としてカウント)に実施したアンケートでこんな結果が出た。来日・在住する外国人の増加を背景に「多言語対応」や「防災情報の提供」など問題が多様化している実態も浮かんだ。【和田武士】

 アンケートでは、回答のあった48自治体の約8割にあたる39自治体が「外国人受け入れ・共生に関する何…

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです