メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人就労

共生、悩む自治体 多様な言語、追いつかぬ対応/ごみや騒音、ルール定着せず 毎日新聞調査

 外国人比率が高い市区町村で約8割が共生を図る取り組みをしているが、地域社会のルールをどう浸透させるかなど課題も多い--。毎日新聞が比率上位50市区町村(政令市の行政区は1自治体としてカウント)に実施したアンケートでこんな結果が出た。来日・在住する外国人の増加を背景に「多言語対応」や「防災情報の提供」など問題が多様化している実態も浮かんだ。【和田武士】

 アンケートでは、回答のあった48自治体の約8割にあたる39自治体が「外国人受け入れ・共生に関する何…

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1676文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです