メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

奮闘 おとなの絵本 実店舗冬の時代、それでも良書を 京都の専門店、選書サービスや交流の場

子どもの本専門店「きんだあらんど」には木製の本棚に、店長の蓮岡修さんが選書した児童書が並ぶ=京都市左京区で、御園生枝里撮影

 大人が絵本に夢中になる「絵本ブーム」が続いている。ヨシタケシンスケさんら人気作家が続々と新刊を出し、絵本専門店は原画展や読み聞かせなどのイベントを開いて魅力を広めている。一方で、閉店する書店や危機感を持つ出版社もある。【御園生枝里】

 「小学生の時に読みたかった」

 子どもの本専門店「きんだあらんど」(京都市左京区)の定期購読サービス「ぶっくくらぶ」の「おとなのための絵本選書」コースに寄せられた感想だ。アンケート用紙の内容から店長の蓮岡修さん(45)が選書し絵本を送る有料サービスで、同店が提案する本の説明を書いたリストを送り、その返事からリストを再考し、本を決定。子供の年齢ごとのコースと、大人のコースがある。

 大人に支持されているのは、移民の男性が主人公の「アライバル」(河出書房新社)。文字がなく、絵の世界に引きつけられる。1軒の家の100年をひもとく「百年の家」(講談社)は絵画を鑑賞しているよう。仲良しのがまくんとかえるくんを描いた「ふたりはともだち」(文化出版局)は結婚のプレゼントに選ぶ人もいる。

この記事は有料記事です。

残り1712文字(全文2168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです