メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本女子学生優勝大会 麗沢瑞浪Vメンバー躍動 鹿屋体育大の片山「岐阜に恩返し」

 愛知県春日井市の市総合体育館で11日開かれた第37回全日本女子学生剣道優勝大会(全日本学生剣道連盟、毎日新聞社主催)で、2014年に全国高校総体の剣道女子団体を初制覇した麗沢(れいたく)瑞浪高(岐阜県瑞浪市)の出身者たちが、全国の強豪大の一員として戦った。

 麗沢瑞浪高は男女ともに全国有数の剣道の強豪校。14年当時の女子部員11人が8大学に散らばって今大会に参加し、チームの中心だった当時の3年生は、4年生として大学最後の大会に臨んだ。

 その一人の片山果沙稀選手(4年)は鹿屋体育大(鹿児島)の副将として3年ぶり10回目の優勝に貢献した。麗沢瑞浪高で大将だった小角春奈選手(4年)は大阪教育大(大阪)の大将を務めた。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです