メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GetNavi

“次もiPhone”で本当にイイの?軽い・賢い・使いやすい……ハイスペックAndroid3モデル(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

本記事では、質・量ともにiPhone超えを果たすハイスペックAndroidスマホをご紹介。iPhoneへの買い替えに悩んでいるなら、こちらへの買い替えもアリかもしれません。

 

最新Androidはコスパに優れて個性的!

スマホにおける“王者”がiPhoneであることに異論を唱える人は少ないでしょう。今年はiPhone Xの大画面路線を継承したXS、XS Max、XRという3機種をラインナップ。その体制は万全かのように見えます。ただし、そのいずれもが価格を除けば、です。そう、ほぼ10万円のXR以外は13万円弱~というiPhoneの弱点は、そこそこいいPCが買えてしまう価格にあります。

 

今回、登場したAndroid3モデルは、いずれもハイエンド機。執筆時点で価格が未公表のものもありますが、概ねiPhoneと比べると1〜2割程度は低価格。それでありながら、例えば、AQUOS zeroならば、約146gという軽さや、ゲーマーなどにはうれしい発熱の少なさといったiPhoneにはない魅力があります。このほか、GoogleのPixel 3は同社のウェブサービスとの緊密な連携や、AIを駆使した斬新な機能の数々を備えているし、Galaxy Note9は伝統のSペンがBluetooth接続に対応して使い勝手も用途の多彩さも大きくアップしている。要は、いずれも“キャラが立っている”のです。

 

iPhone以上のコスパに加えて、端末を選べる楽しさというのもAndroidの魅力。「高価なのに代わり映えの少ないiPhoneより、個性豊かな最新Android端末を」そう考える人は今後ますます増加しそうです。

 

<秋冬Android、プロはこう見た!>

各機が異なる得意分野を持つそれがAndroid端末の魅力

iPhoneの魅力を総合力の高さとするならば、Android端末は各機が何かしらの武器=長所を持つ点が魅力です。Galaxy Note9は4000mAhの大容量バッテリーでヘビーユーザーも満足できるスタミナを確保。AQUOS zeroは、5型端末並みの軽さを実現したうえ、充電中の発熱も低減し、ゲームや動画を長時間楽しみやすい一台です。また、Pixel 3 XLは、Google純正のAndroid端末であり、先進的機能を体験できる高性能モデルとして貴重といえます。

 

【教えてくれた人】

ライター

井上 晃さん

最新モバイル事情に精通するライター。精力的に取材し、雑誌やWebメディアを中心に記事を執筆。

 

 

【その1】文庫本程度の約146gを実現したシャープ初の大画面有機ELモデル

【Androidスマホ】

シャープ

AQUOS zero

価格未定/12月上旬発売

約6.2インチの国産有機ELディスプレイを搭載したハイエンド端末。筐体側面にマグネシウム合金、背面にアラミド繊維を用いて、3000mAh以上のバッテリーを搭載した6インチ以上のスマホとして世界最軽量約146gを実現しました。ソフトバンクが独占で取り扱います。

 

↑約2260万画素のシングルカメラと指紋センサーを搭載。背面パネルの素材には、帝人のアラミド繊維「テクノーラ」を採用

 

↑有機ELを採用して、緩やかなラウンドフォルムを実現。これによって、大画面ながら指の動きに無理のないタッチ操作が行える

 

 

↑いち早く発熱問題に対処したシャープ。本機では、2つの充電ICを採用することで、熱を分散する「パラレル充電」に対応。充電しながら使用しても発熱を抑えてくれる

 

 

【その2】AI機能を存分に活用したカメラ性能と使い勝手が魅力

【Androidスマホ】

Google

Pixel 3 XL

11万9000円〜

6.3インチ有機ELディスプレイを搭載した純正Android端末。AI技術を活用し、迷惑電話に自動で応答する「Call Screen」や、カメラで捉えたアイテムなどの情報を検索する「Googleレンズ」、連写画像から最適な1枚を選択する「Top Shot」などに対応します。

 

↑背面カメラは1220万画素1基ですが、ボケのコントロールなどにも対応。前面カメラは、標準と広角のダブルで、どちらも800万画素

 

↑無接点充電が可能な「Pixel Stand」(9504円)も用意。端末を本品に置くと、音声によって常時Googleアシスタントを利用できる

 

ノッチレスの5.5型モデルも用意!

Google

Pixel 3

9万5000円〜

XLより一回り小さい5.5型モデルも用意。こちらは画面上部の切り欠き(ノッチ)がないほかは、処理能力や対応機能など、すべて同等です。

 

 

【その3】書きごこち極上の「Sペン」がリモコン代わりに使えるように

 

【Androidスマホ】

Galaxy

Galaxy Note9

12万6360円~

Bluetoothに対応し、遠隔操作が可能になった「Sペン」を内蔵する約6.4インチ有機EL端末。Sペンは約40秒の充電で約30分利用できます。顔認証と虹彩認証を状況に合わせて自動で選択する「インテリジェントスキャン」にも対応。指紋認証もサポートします。

 

↑約1220万画素の広角カメラと望遠カメラ各1基を搭載。広角カメラは、周囲の明るさに応じて絞りがF1.5とF2.4に切り替わる

 

↑Bluetoothに対応したSペンで、カメラのシャッターを手元で切ることができる。自撮りや集合写真を快適に撮影可能

 

↑Sペンを使って、写真や動画の再生なども可能。資料を手元で切り替えて、プレゼンなども行える

 

 

<最新iPhoneともスペック比較!>

AQUOS zero

【サイズ:6.2インチ(有機EL)】【解像度:2992×1440】【OS:Android 9.0】【プロセッサー:Snapdragon 845】【RAM/ROM:6GB/128GB】【背面カメラ・有効画素数:22.6M】【前面カメラ・有効画素数:8M】【セキュリティ:指紋&顔】【防水対応:◯】【バッテリー・容量:3130mAh、ワイヤレス充電対応:×】【サイズ:W73×H154×D8.8㎜】【質量:146g】

 

Pixel 3

【サイズ:5.5インチ(有機EL)】【解像度:2160×1080】【OS:Android 9.0】【プロセッサー:Snapdragon 845】【RAM/ROM:4GB/64~128GB】【背面カメラ・有効画素数:12.2M】【前面カメラ・有効画素数:8M×2】【セキュリティ:指紋】【防水対応:◯】【バッテリー・容量:2915mAh、ワイヤレス充電対応:〇】【サイズ:W68.2×H145.6×D7.9㎜】【質量:148g】

 

Pixel 3 XL

【サイズ:6.3インチ(有機EL)】【解像度:2960×1440】【OS:Android 9.0】【プロセッサー:Snapdragon 845】【RAM/ROM:4GB/64~128GB】【背面カメラ・有効画素数:12.2M】【前面カメラ・有効画素数:8M×2】【セキュリティ:指紋】【防水対応:◯】【バッテリー・容量:3430mAh、ワイヤレス充電対応:〇】【サイズ:W76.7×H158×D7.9㎜】【質量:184g】

 

Galaxy Note9

【サイズ:6.4インチ(有機EL)】【解像度:2960×1440】【OS:Android 8.1】【プロセッサー:Snapdragon 845】【RAM/ROM:6GB/128GB】【背面カメラ・有効画素数:12M×2】【前面カメラ・有効画素数:8M】【セキュリティ:指紋&虹彩&顔】【防水対応:◯】【バッテリー・容量:4000mAh、ワイヤレス充電対応:〇】【サイズ:W76×H162×D8.8㎜】【質量:201g】

 

iPhone XS Max

【サイズ:6.5インチ(有機EL)】【解像度:2688×1242】【OS:iOS 12】【プロセッサー:A12 Bionic】【RAM/ROM:非公表/64~512GB】【背面カメラ・有効画素数:12M×2】【前面カメラ・有効画素数:7M】【セキュリティ:Face ID(顔)】【防水対応:◯】【バッテリー・容量:非公開、ワイヤレス充電対応:〇】【サイズ:W77.4×H157.6×D7.7㎜】【質量:208g】

 

iPhone XS

【サイズ:5.8インチ(有機EL)】【解像度:2436×1125】【OS:iOS 12】【プロセッサー:A12 Bionic】【RAM/ROM:非公表/64~512GB】【背面カメラ・有効画素数:12M×2】【前面カメラ・有効画素数:7M】【セキュリティ:Face ID(顔)】【防水対応:◯】【バッテリー・容量:非公開、ワイヤレス充電対応:〇】【サイズ:W70.9×H143.6×D7.7㎜】【質量:177g】

 

●Pixel 3/3 XLの価格・スペックはSIMフリー版のものです。

【関連記事】
お笑い芸人「COWCOW」がTikTokで一発ギャグ連発!リズムネタとの相性良すぎ
国内5大クラウドファンディングで見つけたお宝10選ーー今からでも参加できるものもあるよ!
Twitterで話題のアニメ風画像加工アプリ【Olli】は”描いた感”がスゴイ!
【iPhone】iOS12.1で70以上の新しい絵文字が登場!アップデートしてみた【iPad】
【今さら聞けない】LINE IDの登録方法、検索方法、変更方法をなどを詳しく解説

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです