大阪知事

都構想、制度設計を統一選までに 計画大幅後退

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府の松井一郎知事は12日、大阪都構想の制度設計図にあたる協定書案について、来春の統一地方選で大阪府・市議が改選される前の現議会でまとめるべきだとの考えを示した。当初は、府・市の両議会で議決して住民投票まで実施する計画だっただけに、大幅に後退し、実施のめどが立たない状況だ。

 同日の法定協議会(法定協)では、停滞する議論打開のため、委員(知事、市長、府議、市議)間の議論開始を提案したが、大阪維新の会以外の他会派は一斉に反対した。「過ぎていく時間が最大のコスト。議論は深まり、委員間の…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集