メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RCEP閣僚会合

年内妥結断念へ 関税で溝埋まらず

 【シンガポール赤間清広】日中韓やインド、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の閣僚会合が12日、シンガポールで開かれた。交渉筋によると、インドが交渉進展に慎重な姿勢を示したため、各国閣僚は目標としてきた年内の「実質妥結」を断念せざるを得ないとの認識で一致した。各国は来年もRCEP交渉の協議を続け、早期妥結を目指す。

 世耕弘成経済産業相は12日の会合後、記者団に「市場開放など一部で(各国の隔たりが)残っている部分がある」と述べ、合意に至らなかったことを明らかにした。当初は13日も閣僚会合を開いて詰めの協議を行い、14日の首脳会議につなげる方針だったが、世耕氏は「閣僚会合はいったん今日で終了する」と説明。13日の会合が取りやめになったことも明らかにした。交渉の根幹部分の関税撤廃率などの扱いで意見が対立する中、閣…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです