メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民

ロヒンギャ15日から帰還 「見切り発車」は否めず

バングラデシュのバルカリキャンプで、支援物資を担いで運ぶロヒンギャ難民たち=2018年9月24日、宮武祐希撮影

 【松井聡、バンコク西脇真一】ミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が隣国バングラデシュで大量に難民化した問題で、ミャンマー政府は11日、計2251人の帰還事業を15日から開始すると発表した。国連によると昨年8月以降、約72万人の難民が発生したが、両国政府の合意に基づく帰還は今回が初めて。ただ、本人の帰還意思が確認できていないなど、「見切り発車」的な面は否めず、先行きはなお不透明だ。

 ウィンミャエー社会福祉・救済復興相が11日、ヤンゴンで記者会見して明らかにした。帰還する難民は1日…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです