メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

新テスト国語と数学1・A、記述式は難易度下げ

 センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストの試行調査(プレテスト)は11日、数学と理科の2教科10科目を実施し、2日間の日程を終えた。新たに国語と数学1・Aで導入される記述式問題は前回調査で正答率が低かったため、大学入試センターは正答の条件を明確にするなどして難易度を下げた。

 国語は言語と「指さし」に関する論理的な二つの文章が題材で、「30字以内」「40字以内」「80~120字」と前回と同じ字数制限で解答する3問が出された。

 前回、正答条件を全て満たした解答が0.7%と著しく低かった「80~120字」の問題では、提示した3…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文791文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです