メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

被害者の会、年内設立へ 提訴の原告ら

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され、国に損害賠償を求めて全国で提訴した原告らが、被害者の会を年内に設立する。与党のワーキングチーム(WT)が10月末にまとめた救済案に当事者の声を反映させるのが狙いで、札幌市内であった12日の集会で弁護団が明らかにした。12月上旬までに設立する方針。

 原告や弁護団は、与党WTの救済案で当事者に通知しないなど手続きや救済対象が不十分と批判しており、当…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです