メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人就労

共生、悩む自治体 ゴミや騒音、多様な言語

外国人対応で課題になっている事柄は?(三つ選択)

 外国人比率が高い市区町村で約8割が共生を図る取り組みをしているが、地域社会のルールをどう浸透させるかなど課題も多い--。毎日新聞が比率上位50市区町村(政令市の行政区は1自治体としてカウント)に実施したアンケートでこんな結果が出た。来日・在住する外国人の増加を背景に「多言語対応」や「防災情報の提供」など問題が多様化している実態も浮かんだ。【和田武士】

 アンケートでは、回答のあった48自治体の約8割にあたる39自治体が「外国人受け入れ・共生に関する何…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1788文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです