メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道府県庁所在地

消防団報酬支給4割違反 分団口座に一括

 東京都と大阪府を除く道府県庁所在地の45市のうち18市が、消防庁の通知に反し、消防団員への報酬や手当を分団や分団長らの口座に一括で振り込んでいたことが毎日新聞のアンケートで分かった。近年、分団幹部が団員の報酬をプールして私的流用する事案が相次ぎ、消防庁は流用防止のため通知を発令していたが、各地で防止策が徹底されていない実態が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1200文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選2019・激戦えひめ 最後の日曜、訴え熱く /愛媛
  3. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです