道府県庁所在地

消防団報酬支給4割違反 分団口座に一括

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都と大阪府を除く道府県庁所在地の45市のうち18市が、消防庁の通知に反し、消防団員への報酬や手当を分団や分団長らの口座に一括で振り込んでいたことが毎日新聞のアンケートで分かった。近年、分団幹部が団員の報酬をプールして私的流用する事案が相次ぎ、消防庁は流用防止のため通知を発令していたが、各地で防止策が徹底されていない実態が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1200文字)

あわせて読みたい

注目の特集