メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・東川町

戸川幸夫「牙王物語」新装版復刻 大雪山で作家の足跡をたどる

 アイヌの人々が「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼んで美しさをたたえた北海道・大雪山連峰を舞台に、オオカミと猟犬の混血犬キバを主人公にした戸川幸夫(1912~2004年)の「毎日新聞」連載小説「山のキバ王」が完結してから60年余りになる。「牙王物語」と改題されて、これまで角川書店、講談社、国土社など複数の版元が刊行してきたが、新装版がこのたび、新評論(東京・西早稲田)から復刻された。

 長く読み継がれてきた「動物文学の最高峰」を改めてひもとくと、自然との共生や動物愛護など現代社会に通…

この記事は有料記事です。

残り3551文字(全文3796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです