メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『墓が語る江戸の真実』岡崎守恭・著

故人を読み解くことで個人の歴史を新たに知る

◆『墓が語る江戸の真実』岡崎守恭・著(新潮新書/税別740円)

 著名な故人の墓に参詣することを昨今では掃苔(そうたい)という。墓に参って故人の業績をしのび、明らかにし、また顕彰することは昭和初期から始まっていて、学術雑誌も発行されている。この本もお墓に詣でながら歴史に想いを馳(は)せるのだが、普通の掃苔とはちょっと違うような気がする。個人としての故人だけではなく、個人を包摂する家族・一門の盛衰をひろく読み解き、その名門家の多様な歴史の中に個人を位置づけていくのである。

 東大のすぐ近く、小石川伝通院(でんづういん)というと、家康の生母、お大(だい)の方(かた)の墓所と…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです