メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 永野三智 『みな、やっとの思いで坂をのぼる』

話をしたいという気持ちを患者たちはずっと抱えてきた

◆『みな、やっとの思いで坂をのぼる 水俣病患者相談のいま』永野三智・著(ころから/税別1800円)

 本書は、熊本県水俣市にある一般財団法人水俣病センター相思社で働く永野三智さんの初の著書。相思社は1974年に開設。水俣病はチッソの工場が海に流した廃液が原因の病である。56年に公式確認されているが、68年にやっと政府は公害と認定した。相思社は「患者・家族の拠り所」になることを目的として、さまざまな活動を行う。

「患者相談窓口では、来訪や電話で患者の話を聞いています。患者の中には、差別や虐待など大変な人生を送っ…

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです