メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

SNEC、SERIとジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョンが世界的な近視のまん延阻止を目指す(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

SNEC、SERIとジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョンが世界的な近視のまん延阻止を目指す

AsiaNet 76227 (2095)

Singapore National Eye Centre、Singapore Eye Research Instituteとジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョンが世界的な近視のまん延阻止を目指す

【シンガポール2018年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*新たな2635万米ドルの共同研究で状況悪化に対処する予防・治療ソリューションを模索

Singapore National Eye Centre(SNEC)(シンガポール国立眼科センター)、Singapore Eye Research Institute(SERI)(シンガポール眼科研究所)とジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョン(Johnson & Johnson Vision)は12日、目の健康にとって今世紀最大の脅威である近視あるいは近視眼に取り組む2635万米ドル(3635万シンガポール・ドル)の共同研究を発表した[1]、[2]、[3]。2050年までに世界の人口の半分は近視になると予測されており、10億人は失明リスクが大きい網膜疾患につながりかねない、症状の重い強度近視になると予想されている[1]。

Video - https://mma.prnewswire.com/media/782462/Johnson_and_Johnson_Vision__Myopia.mp4
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/600714/Johnson_and_Johnson_Vision_Logo.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/782479/Singapore_National_Eye_Centre_Logo.jpg

近視に焦点を当てたアジア初のこの種の官民戦略的パートナーシップは、発症の仕組み、進行の仕方、どうすればそれを抑え込めるのかについて、より深く理解するために行われる。強度近視を発症するリスクのある人を特定するための予測ツールの開発、近視の根本的なメカニズムに関する研究の実施、新たな治療法の進展、症状の発現と進行を防止する方法の発見と検証に焦点を当てていく。

ジョンソン・エンド・ジョンソン執行委員会バイスチェアマン兼チーフ・サイエンティフィックオフィサーのポール・ストッフルズ医学博士は「近視への罹患は世界中で驚くほどのペースで増えており、放置しておけば、人的、金銭的な損害は特にアジアで今後数十年に急増する恐れがある。この状況の根本をより良く理解し、この世界的な公衆衛生上の脅威を食い止める方法を特定するため、SERIとSNECと協力できることをうれしく思っている。力を合わせて、アジア太平洋地域、そして最終的には世界中の個人や家族に重要な進展をもたらしたいと考えている」と語った。

SERIのエグゼクティブディレクター、ティン・アウン教授は「近視の増加、とりわけ若者の間での増加の報告は非常に心配であり、急速な増加をもたらしている基本的メカニズムが解明できれば、問題に根本から取り組むことができるようになる。SERIは眼科疾患に対処するため有力企業と協力することに多大な努力をしており、近視まん延阻止の新天地開拓を目指す今回の共同研究着手を非常に喜んでいる」と語った。

SNECのメディカルディレクター、ウォン・ティエンイン教授によると、この共同研究は、近視との地域的、世界的な戦いの取り組みに実質的に寄与するような近視研究、臨床医療、教育実践の代表的センターづくりのためのリソース、臨床的・科学的経験、知力の適切な組み合わせをもたらすものである。ウォン教授は「SNECは、増大しつつある近視の負担に対処するため、共同研究者と協力し合えることを光栄に思っている。当方の臨床医、臨床科学者と戦略的パートナーの多様な強みを活かし、疾患に対する新たな枠組みを確立し、この知識を世界中の各コミュニティーと共有して、近視の根絶に貢献していく」と語った。

近視は世界第1位の眼科疾患である[1]、[2]。近視は、網膜の変性や剥離、白内障、緑内障のリスクを高める。放置しておくと、不可逆的な視覚障害や失明の主な原因となる[1]。同症状は、眼球が環境的、遺伝的要因により伸長した時に起きる[4]。現在、規制機関によって承認されている近視制御の治療法はほとんどない。

▽予測される世界的に大きな負担、アジアでの影響が最大
*2050年までに世界中で50億人が近視になると予想されている[1]。東アジアとシンガポールは最も大きな影響を受け、若者の罹患率は現在の80%から都市部を中心に97%まで上昇する[5]。

*子供は最も影響を受けやすい。例えば、中国では6歳から18歳の子供の近視罹患率は10%未満から80%に上昇する[6]。さらに進んで強度近視を発症した子供は、生涯にわたる重度の眼疾患と永久視力喪失のリスクが高い[7]。

*シンガポールでは、子供の2人に1人が12歳までに近視を発症し[8]、10代の75%が近視で眼鏡に頼っている[9]。

*主に近視に起因する未矯正の遠隔屈折異常は、既に世界の医療システムに年間2020億米ドルの負担をかけていると推定されており[1]、この負担は今後数十年の近視の罹患率と重症度の増大に伴い飛躍的に上昇するだろう。

*シンガポールだけでも、国民の近視の光学的矯正にかかる費用は年間7億5500万米ドル(10億4000万シンガポール・ドル)と推計されている[10]。

近視は複雑でスケールも大きいため、まん延を食い止めるには、新たな臨床研究だけでなく、教育や臨床医療のイノベーションを含めた多くの専門分野にまたがるアプローチが必要である。SNEC、SERI、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンは、こうした取り組みをさらに進め、広範な戦略をサポートしてくれる他のステークホルダーも募る予定である。

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンは、世界の複雑な公衆衛生上の課題解決に取り組んでいるジョンソン・エンド・ジョンソンのファミリー企業各社の強み、能力、カバー範囲に支えられた検眼と眼科学に関する深い専門知識をこの取り組みにもたらす。SERIとSNECには、シンガポール、アジア全域、さらに世界規模で眼科疾患の発見、予防、治療方法の改善を可能にする影響力の大きい眼科研究と卓越した臨床ケアの実績がある。

▽戦略的パートナーシップについて
2635万米ドル(3635万シンガポール・ドル)のプログラムは、ジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョン、Singapore National Eye Centre(SNEC)の研究部門であるSingapore Eye Research Institute(SERI)との3年間にわたる共同研究である。ジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョンは現金と現物支給で計1578万米ドル(2174万シンガポール・ドル)を投資、SERIの投資は現金と現物支給で計1057万米ドル(1458万シンガポール・ドル)。

▽ジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョン
ジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョンには、世界中の目の健康の軌道を変えるという大胆な野心がある。当社は事業会社を通じて、眼科医療の専門家が、屈折異常、白内障、ドライアイを含む未だ満たされていないニーズに対応した製品、技術で、患者に生涯を通じてより良い転帰を導き出すことを可能にするイノベーションを提供している。ニーズの最も高いコミュニティーでは、質の高い眼科医療へのアクセス拡大のために協力しており、人々の視力の向上、つながりの向上、生活の向上支援に取り組んでいる。www.jjvision.com を参照。Twitter(https://twitter.com/jnjvision?lang=en )で@JNJVision、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/johnson-&-johnson-vision )でジョンソン・アンド・ジョンソン ビジョンをフォロー。

▽Singapore Eye Research Institute(SERI)(シンガポール眼科研究所)
1997年に設立されたSERIは、眼科および視力研究のためのシンガポールの国立研究機関である。SERIの使命は、失明や低視力、さらにシンガポール人やアジア人に多い重大な眼科疾患の予防を目指した影響力の大きい眼科研究を実施することである。SERIは、1997年に5人だった創設チームから、臨床科学者、科学者、研究フェロー、博士課程の学生、サポートスタッフを含む194人にまで陣容を拡大した。これにより、SERIはシンガポールで最大級の研究機関、アジア太平洋地域最大の眼科研究機関となった。加えてSERIには、シンガポールにある様々な眼科部門、生物医学研究機関、三次医療機関からの218人を超える非常勤スタッフが在籍している。

SERIには2018年9月現在、3295件以上の科学論文の蓄積があり、外部のピアレビュー済み競争的助成金を3億790万シンガポール・ドル以上獲得している。現在までに、SERIのスタッフは493以上の国内賞、国際賞を受賞、121件以上の特許を出願している。Singapore National Eye Centre (SNEC)の研究機関で、シンガポール国立大学デューク・NUS医科大学院の関連機関であるSERIは、国内の臨床眼科施設や生物医学研究機関ならびに世界中の主要な眼科施設、研究機関と協力し、視力研究を行っている。SERIは今日、アジアにおける高度な眼科研究の先駆的施設として認知されており、画期的な発見の数々が眼科医療提供の重要なパラダイムシフトに応用されている。www.seri.com.sg を参照。

▽Singapore National Eye Centre(SNEC)(シンガポール国立眼科センター)
Singapore National Eye Centre(SNEC)は1989年に設立され、1990年に運営を開始した。公的医療ネットワーク内の指定国立施設であり、質の高い教育と研究に重点を置いた専門的な眼科サービス提供の陣頭指揮と調整を行っている。1990年のオープン以来、SNECは急速な成長を遂げ、現在、年間33万名の外来患者訪問と3万4000件の主要な眼科手術およびレーザー処置に対応している。

白内障、白内障・総合眼科、角膜・外眼部疾患、緑内障、神経眼科、眼形成・美的眼形成、小児眼科・斜視、屈折外科、眼炎症・免疫学・網膜(内科と外科)の10の副専門科が設置されており、総合レベルから三次レベルまで、目の状態の全領域に対するあらゆる種類の治療を提供している。

SNECは2003年、眼科分野における卓越した業績に対しExcellence for Singapore Awardを受賞、シンガポールの国際的知名度を高めた。2006年、SNECは公衆衛生で初の保健大臣賞を受けた。2009、2010、2014年には、SNECとSERIの3人の臨床科学者が、角膜、網膜、緑内障のトランスレーショナル、臨床、疫学研究における傑出した貢献により、名誉ある大統領科学技術賞を受賞した。www.snec.com.sg を参照。

(c)Johnson & Johnson Vision Care, Inc. 2018

[1] Holden et al Ophthalmol 2016; 123: 1036
[2] Fricke et al Ophthalmol 2018; 125(10):1492-1499
[3] Internal data on file
[4] Fredrick, D. R. (2002). Myopia. BMJ, 324(7347), 1195-1199. doi:10.1136/bmj.324.7347.1195
[5] Ding et al Survey of Ophthalmol 2015.
[6] Taiwan, Lin et al 2000 Ann Acad Med Singapore 2004; 33:27-33
[7] Chua et al Ophthalmic Physiol Opt 2016; 36 388?394
[8] SingHealth, Eye Check A look at common eye conditions
[9] HealthXchange, Common Eye Problems by Age Group, Stats and Care Tips
[10] The Impact of Myopia and High Myopia: report of the Joint World Health Organization - Brien Holden Vision Institute Global Scientific Meeting on Myopia, University of New South Wales, Sydney, Australia, 16?18 March 2015 Pages 10-11

ソース:Johnson & Johnson Vision

▽メディア問い合わせ先
Johnson & Johnson Vision
Angela Sekston
Worldwide Communications Leader, Vision Care
+1-904-868-4198
asekston@its.jnj.com

Wan Yieng Chong
APAC Vision Communications Leader
+65-9798-3536
WChong9@its.jnj.com

Singapore National Eye Centre
Singapore Eye Research Institute
Ravi Chandran
Assistant Director, Corporate Communications
+65-81218569
ravi.chandran@snec.com.sg


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです