メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GDP

年1.2%減 災害影響、2期ぶりマイナス 7~9月

GDP成長率と内外需実質寄与度

 内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・3%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1・2%減で、2四半期ぶりにマイナスとなった。自然災害が相次いだ影響で、個人消費や輸出が落ち込んだ。【大久保渉】

 GDPの約6割を占める個人消費は0・1%減と、2四半期ぶりにマイナスとなった。西日本豪雨や北海道地震の発生で、旅行や飲食などの消費が減ったことに加え、ガソリン価格の上昇や猛暑による野菜価格高騰が家計の消費意欲を冷やした。設備投資も0・2%減と、8四半期ぶりのマイナス。建設用の掘削機などの工場が被災し供給が滞ったことなどが影響した。

 公共投資は、17年度補正予算の規模が比較的小さく効果が薄れたため、1・9%減と5四半期連続のマイナ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文816文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです