メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

60年前の連載 戸川幸夫『牙王物語』復刻 「動物文学の最高峰」現在に

 アイヌの人々が「カムイミンタラ」(神々の遊ぶ庭)と呼んで美しさをたたえた北海道大雪山連峰を舞台に、オオカミと猟犬の混血犬キバを主人公にした戸川幸夫(1912~2004年)の本紙連載小説「山のキバ王」(56年12月~57年12月)が完結してから60年余になる。『牙王物語』と改題し、角川書店、講談社など複数の版元が刊行してきたが、新装版が今月、新評論(東京・西早稲田)から復刻された。長く読み継がれてきた「動物文学の最高峰」を改めてひもとくと、現代社会に通じるテーマが息づいていた。

 戸川は大の動物好きで、旧制山形高時代にはニホンオオカミ残存説を信じて山村を歩き回ったという。そうし…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです