メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会

カタストロフと美術のちから展 想像刺激する発想=評・永田晶子

高橋雅子が東北と熊本で行ったワークショップの展示(部分)=東京・六本木の森美術館で、永田晶子撮影

 森美術館(東京・六本木ヒルズ)の開館15周年記念展。展覧会名「カタストロフ」は災害や戦争、事故などの大惨事を意味する。幸福や愛を掲げた開館展と10周年展に対し、ズシリと重く、不安に満ちた現代に呼応する。オノ・ヨーコら有名作家から若手まで国内外40組の現代作品を紹介。

 第1部は惨事を表現した現代作品を集めた。今月、79歳で急逝した堀尾貞治は阪神大震災で破壊された居住地の神戸を描いた40点を出品。差し込まれた原色が衝撃を生々しく伝える。同じ震災を白黒で捉えた宮本隆司、東日本大震災で津波被害を受けた故郷・陸前…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです