メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会

カタストロフと美術のちから展 想像刺激する発想=評・永田晶子

高橋雅子が東北と熊本で行ったワークショップの展示(部分)=東京・六本木の森美術館で、永田晶子撮影

 森美術館(東京・六本木ヒルズ)の開館15周年記念展。展覧会名「カタストロフ」は災害や戦争、事故などの大惨事を意味する。幸福や愛を掲げた開館展と10周年展に対し、ズシリと重く、不安に満ちた現代に呼応する。オノ・ヨーコら有名作家から若手まで国内外40組の現代作品を紹介。

 第1部は惨事を表現した現代作品を集めた。今月、79歳で急逝した堀尾貞治は阪神大震災で破壊された居住地の神戸を描いた40点を出品。差し込まれた原色が衝撃を生々しく伝える。同じ震災を白黒で捉えた宮本隆司、東日本大震災で津波被害を受けた故郷・陸前…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです