メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

「ラク町のお時」を巡って

 家主 ご隠居、あっしは寝起きにNHKBSプレミアムでドラマ「べっぴんさん」(再放送)と「まんぷく」を見てますが、共通したのが戦後の焼け跡の闇市のセットだ。

 隠居 未体験世代の作り手がうまく再現していた。

 家主 復員兵、引き揚げ者、元予科練など、総じて軍人服でカーキ色だ。厚化粧のパンパンが片隅にいればなお良い。

 隠居 パンパンといえば、ラジオ局で働いていた頃に藤倉修一アナウンサーにインタビューしたことがある。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです