メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

弁護側要求映像「証拠消去」 覚醒剤公判で地検 

 大阪地裁で捜査の違法性が争われている覚せい剤取締法違反事件の公判で、弁護側が証拠開示を求めていた職務質問時などの映像データについて、大阪地検が「大阪府警の警察官が誤って消去した」と回答していたことが、関係者への取材で分かった。データは残っていないといい、被告の男(60)の弁護人は「捜査機関が都合の悪い証拠を故意に消した疑いがある」と批判している。

 弁護人によると、男は今年5月5日午後、大阪市平野区の路上で職務質問を受けたが、任意同行を拒否。平野…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文646文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです