メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リンゴ

「藤崎校舎」の名、後世に 思い込めに「藤巧者」に 来年閉校、品種登録を出願中 /青森

 全国で唯一の「りんご科」がある学校の名を後世に--。来年3月末で70年の歴史に幕を下ろす弘前実業高藤崎校舎(藤崎町)の3年生が12日、同町のリンゴ園で、「ふじ」の枝変わり品種で校舎名にちなんで名付けたリンゴ「藤巧者」を収穫し、着色や糖度などを調べた。

 枝変わり品種は、同校舎OBで藤崎町の農家、太田昌文さん(63)が、18年ほど前に同校舎の果樹園で発見。自分のリンゴ園の「ジョナゴールド」の木2本に接ぎ木して育ててきた。

 昨年5月、当時の3年生の生徒が、同校舎の名を残したいという願いや農家の栽培技術の素晴らしさを伝えた…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです