寄居町

働くママを応援 在宅ワーク推進、交流の場用意 企業と連携、技術向上へ講座も /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 寄居町は、子育てと仕事の両立を目指す女性を支援するため、母親向けの在宅ワークを提供する東京都内のベンチャー企業「アンダースタンド」と、町の中心市街地活性化に取り組むタウンマネージャー、上田嘉通さん(37)との3者で包括連携協定を結んだ。在宅ワークの推進とともに母親同士が交流する場を設け、「ママが働きやすい町」を目指す。【大平明日香】

 町は2015年度から「女性活躍推進」を重点施策に掲げている。子ども医療費の無料化を県内で初めて高校3年までとし、就職希望の女性にキャリアセミナーなどを実施。保育所の待機児童はゼロで、都心部より働きやすいとPRしている。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文947文字)

あわせて読みたい

注目の特集