メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代の名工

県内から6人 /埼玉

 厚生労働省が、各産業分野で卓越した技術を持ち第一人者と目される人を表彰する「現代の名工」に、県内から6人が選ばれ、12日に東京都内で表彰式が開かれた。【三股智子】

 選ばれた方々の主な業績は次の通り。(厚労省調べ、敬称略)

 ◆塚田孝司(つかだ・たかじ)70歳。表具師。ふすま、額装、掛け軸、びょうぶなどあらゆる表具の製作に優れた技能を持ち、特に土台となる骨組みのかんな掛けと下張紙・上張紙ののり付けに卓越している。さいたま市。

 ◆布川活治(ふかわ・かつじ)76歳。瓦ふき工。瓦ふきの中でも難易度の高い本ぶき瓦の施工に長年従事し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです