メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

伊根町長選/伊根町議選 32年ぶり選挙戦 町議は無投票当選 /京都

 任期満了に伴う伊根町長選・町議選(定数9)が13日、告示された。投開票は18日。町長選にはいずれも無所属で、現職の吉本秀樹氏(63)と新人の仁木琢也氏(40)が立候補し、1986年以来32年ぶりの選挙戦となった。町議選には現職7人と新人2人の計9人が立候補。定数と同数で2期連続の無投票当選が決まった。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです