メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

「智」大切に、米国のまちづくり 渡部・和大付属図書館長が紹介 18日・県立近代美術館 /和歌山

 県立近代美術館(和歌山市吹上1)は18日午後2時から同館2階ホールで、国内外の図書館の事情に詳しい渡部幹雄・和歌山大付属図書館長の講演会「『智のしくみ』について考える ポートランドのまちづくりを例に」を開く。

 渡部さんは出身地の大分県緒方町の町立歴史民俗資料館学芸員を振り出しに、滋賀県愛知川町立図書館長などを歴任。2012年から和歌山大で教授と図書館長を務めている。「図書館界の異端児」とも呼ばれ、「楽しく使えて生活を発…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです