連載

あしたもマイ・ジョブ

毎日新聞デジタルの「あしたもマイ・ジョブ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

あしたもマイ・ジョブ

島根の現場から/5止 県経営者協会 松江市 社員定着、職場作り支援 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
職員食堂について説明する名越英貴・隠岐共生学園事務局長(右奥)=松江市殿町のサンラポーむらくもで、根岸愛実撮影
職員食堂について説明する名越英貴・隠岐共生学園事務局長(右奥)=松江市殿町のサンラポーむらくもで、根岸愛実撮影

男性育休や健康管理で成果

 県内企業が直面する人手不足や離職率の高さなどへの対策に県経営者協会が本腰を入れている。県の委託を受ける「社員の定着・育成に係る職場改善支援事業」だ。森脇建二専務理事は「労働者が働きやすい環境を作るのは県内企業にとって避けて通れない道」と話す。

 8月、松江市で同事業の参加企業4社が成果を報告するイベントがあった。事業では、毎年15社程度(昨年度は16社)を公募し職場改善に向けた取り組みを支援する。県外の先進企業の視察や社会保険労務士の派遣、社員への匿名アンケートを実施する。アンケート結果を見た経営者は多くの場合、従業員の本音を知ってショックを受けるという。

 総合印刷業「高浜印刷」(松江市東長江町)は有給休暇を時間単位で取得できるよう就業規則を変更し、子育てや通院で活用されているという。また週30分の整理整頓の時間を定め、机の上に積まれた書類や床に広がっていたコードが片付いて働きやすい空間になった。高浜澄子専務は「来訪者からも『空気が変わった』と言われます」と話した。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文852文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集