メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

家屋公費解体、始まる 来年3月まで受け付け 倉敷市 /岡山

公費解体を断念し、自主解体することにした住宅を見つめる佐々木勝也さん=岡山県倉敷市真備町有井で、益川量平撮影

 西日本豪雨で全半壊した家屋について、倉敷市は13日、被災者の代わりに解体・撤去する「公費解体」に着手した。倉敷市では被災者から1900件の申請が予想されているが、同日までに申請があった約900件だけでも完了には来年9月末までかかる見通し。【高橋祐貴】

 公費解体は廃棄物処理法に基づき、国の補助を受けた市町村が被災家屋の解体・撤去を代行する制度。西日本豪雨では、罹災(りさい)証明書で半壊以上の認定を受けた家屋や中小企業の事業所などが対象になる。

 倉敷市は9月に申請の受け付けを開始した。市によると、甚大な浸水被害があった真備町地区の被災者が申請…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです