南海トラフ地震

政府が対応骨子 M8級「半割れ」なら住民避難/M7級「一部割れ」避難先確保

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
南海トラフ地震の前兆と疑われる現象
南海トラフ地震の前兆と疑われる現象

 政府の中央防災会議の作業部会は13日、南海トラフ地震の発生可能性が平常時より高まっていると判断された場合の避難のあり方など、防災対応に関する骨子をまとめた。大地震の前兆と疑われる三つの異常現象に応じた警戒レベルを示し、住民らが取るべき対応を盛り込んだ。発生可能性が高い場合は政府が情報発信し、津波到達が早い地域に避難を呼び掛けるほか、震度6弱以上が想定される自治体などに防災計画を策定するよう求めた。

 骨子では、異常現象を地下の岩盤の破壊を表す「割れ」という言葉を用いて、(1)南海トラフ震源域の東側、西側のいずれかでマグニチュード(M)8級の地震が発生する「半割れ」(2)震源域内でM7級の地震が発生する「一部割れ」(3)プレートの境界面の断層がずれ動く「ゆっくりすべり」--の3ケースに整理した。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集