連載

縮む日本の先に

都市部への人口流入の陰で、地方は深刻な過疎化と高齢化に直面している。財政赤字に苦しむ国の支援には限界があり、地方が目指す未来には不透明感が漂う。人口減と向き合う自治体や住民の思いを交えながら、地方が存続するための処方箋を探る。

連載一覧

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/2 コンビニ「専門性」の壁 外国人拡大、外食に光

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ローソン店舗の貴重な戦力となっているソンさん(右)=東京都新宿区で、丸山博撮影
ローソン店舗の貴重な戦力となっているソンさん(右)=東京都新宿区で、丸山博撮影

 10月中旬の平日。「お箸とスプーン、どちらをおつけしますか」。東京都新宿区のローソン下落合二丁目店で、日本語で客の希望を確認した韓国人の男子留学生アルバイト、ソン・ハヌルさん(19)はレンジで温めたカツ丼とスプーンを入れたレジ袋を丁寧に手渡した。

 「発送をお願いします」。その後の客が持ち込んだ宅配物5点の伝票に、スタンプを押していく。ひっきりなしに訪れる客の注文を手際よくさばけるのは、来日前から母国にあるローソンの現地研修所で仕事を学んでいた成果だ。

 ローソンは2016年以降、ベトナムと韓国の計4カ所に日本に留学予定の学生向けの研修所を設けた。レジや商品棚、「からあげクン」などの総菜の模型もそろえた施設で、接客法やレジ打ち、商品の並べ方など仕事の基本を教える。

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文2058文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集