メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/2 コンビニ「専門性」の壁 外国人拡大、外食に光

ローソン店舗の貴重な戦力となっているソンさん(右)=東京都新宿区で、丸山博撮影

 10月中旬の平日。「お箸とスプーン、どちらをおつけしますか」。東京都新宿区のローソン下落合二丁目店で、日本語で客の希望を確認した韓国人の男子留学生アルバイト、ソン・ハヌルさん(19)はレンジで温めたカツ丼とスプーンを入れたレジ袋を丁寧に手渡した。

 「発送をお願いします」。その後の客が持ち込んだ宅配物5点の伝票に、スタンプを押していく。ひっきりなしに訪れる客の注文を手際よくさばけるのは、来日前から母国にあるローソンの現地研修所で仕事を学んでいた成果だ。

 ローソンは2016年以降、ベトナムと韓国の計4カ所に日本に留学予定の学生向けの研修所を設けた。レジ…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです