メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/2 コンビニ「専門性」の壁 外国人拡大、外食に光

ローソン店舗の貴重な戦力となっているソンさん(右)=東京都新宿区で、丸山博撮影

 10月中旬の平日。「お箸とスプーン、どちらをおつけしますか」。東京都新宿区のローソン下落合二丁目店で、日本語で客の希望を確認した韓国人の男子留学生アルバイト、ソン・ハヌルさん(19)はレンジで温めたカツ丼とスプーンを入れたレジ袋を丁寧に手渡した。

 「発送をお願いします」。その後の客が持ち込んだ宅配物5点の伝票に、スタンプを押していく。ひっきりなしに訪れる客の注文を手際よくさばけるのは、来日前から母国にあるローソンの現地研修所で仕事を学んでいた成果だ。

 ローソンは2016年以降、ベトナムと韓国の計4カ所に日本に留学予定の学生向けの研修所を設けた。レジ…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2058文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです