メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

改めて問う消費増税

伊吹文明氏

 2019年10月の消費税率10%への引き上げを前に、増税による消費の冷え込みを防ごうと、国民への商品券配布やクレジットカード利用者へのポイント付与などさまざまな「対策」が熱心に議論されているが、そもそも、なぜ消費税を増税するのか、それは妥当な政策なのか。増税まで1年を切った今、改めて考えてみた。

財政再建のペース落ちた 伊吹文明・元衆院議長

 消費税導入の背景には、高度成長期が終わり、長寿社会に変わって、財政も悪化する中、膨らむ社会保障負担をどう求めるかとの議論があった。日本では所得に応じて納める保険料の額は違うが、提供される医療は同じだ。安定財源確保に向けて、所得のある人も無い人も消費額に応じて負担する消費税が選ばれた。竹下登首相(当時)は1989年に首相の座を差し出す覚悟で税率3%の消費税を導入、その後、実際に退陣した。

 旧民主党政権だった2012年に、私は消費税増税を柱とした税と社会保障の一体改革法案の修正協議の野党側の責任者だった。民主、自民、公明の3党で、5%だった消費税率を8%、10%と2段階で引き上げることに合意した。

この記事は有料記事です。

残り4097文字(全文4569文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

  3. 大阪のIR誘致スケジュール見直しへ 事業者選定時期など 府と市

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです