メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

同性婚 同等の対応求める 法的権利獲得目指し

 法律上の結婚を異性同士に限るのが憲法違反かどうかが、来春にも司法の場で問われる見通しになった。同性間の「事実婚」を認める流れは強まっているとはいえ、当事者の法的な権利は付与されていないことが、提訴の動きの背景にある。

 LGBTなど性的少数者への理解が進む中、同居の同性パートナーを配偶者とみなして従業員に福利厚生のサービスを始めた企業もある。また、同性同士のパートナーシップを認める制度は、2015年に条例ができた東京都渋谷区と世田谷区を皮切りに、札幌、大阪の各市など9自治体に広がっている。

 ただ、パートナーシップ制度は、カップルで賃貸物件を借りる際に手続きがスムーズになるなどの利点はある…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです