メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

新潟市、コミュニティーの核となる美容院=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 まち・ひと・しごと創生法が成立し、地方創生事業に取り組んではや4年。定住と地方への人口移動の流れを創ろうと挑戦してきたが、いまだに東京への一極集中は続いている。厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率は1・64倍で、地方でも仕事はあるが、若者は地元に残らない。

 実は若者が地域に定着するには、仕事だけでなく地域と結びつけてくれる「人」の存在が不可欠であり、故郷に住むことの楽しさや仕事へのプライドを一緒に実感させてくれる人の存在が不可欠だ。

 それに気付かせてくれたのが、新潟市のANAクラウンプラザホテル新潟に美容院を構える板倉雄三氏だ。実家が美容院で、高校卒業後、米ロサンゼルスの美容学校に留学し資格を得て、米国と東京で美容師として勤務。27歳の時に父親が亡くなったのを機に新潟に戻ってくる。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです