メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官刺され拳銃奪われる 大阪・吹田
ハンセン病

語り部、わずかに 差別の歴史、継承難しく

語り部を続ける野村宏さん=高松市の大島青松園で2018年10月16日

 全国に14カ所あるハンセン病療養所で、自身の被差別体験などを語る元患者の「語り部」が46人にとどまっていることが、元患者や支援者らでつくる「ハンセン病市民学会」(大阪市)と毎日新聞の調査でわかった。療養所には人権学習などで年約5万人が訪れるが、ハンセン病を巡る負の歴史を継承する難しさが浮き彫りとなった。

 療養所は国の隔離政策の下で明治から昭和初期にかけて全国に設置され、差別の歴史や入所者の過酷な生活を…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文637文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 全国高校女子硬式野球選手権 神戸弘陵、初戦は室戸 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです