明治神宮野球大会

札幌大谷が優勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【星稜-札幌大谷】優勝を決めて喜ぶ札幌大谷の選手たち=神宮球場で2018年11月13日、宮間俊樹撮影
【星稜-札幌大谷】優勝を決めて喜ぶ札幌大谷の選手たち=神宮球場で2018年11月13日、宮間俊樹撮影

 第49回明治神宮野球大会第5日は13日、神宮球場で高校の部の決勝があり、札幌大谷(北海道)が星稜(北信越・石川)を破り、初出場で優勝を果たした。この結果、来春の第91回選抜高校野球大会の神宮大会枠は北海道地区が獲得し、出場枠が1から2になる。

 大学の部は準決勝を行い、環太平洋大(中国・四国)と立正大(東都)が決勝に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文766文字)

あわせて読みたい