メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

二刀流、エンゼルス・大谷が新人王 春不振、活躍の糧に

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が12日、最優秀新人(新人王)に選出された。本場でもまれな投打の「二刀流」による活躍は開幕から話題を呼び、プロ野球・日本ハム時代には縁がなかった栄誉を手にした。

 9月の今季最終戦、大谷は「キャンプは全然駄目だったし、なかなか思うようにいかなかった」と語り、春先を最も印象に残った時期に挙げた。オープン戦は防御率27・00、打率1割2分5厘。投打で極度の不振だったものの「そこがあってシーズンをいいも…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです