メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GDP

1.2%減、2四半期ぶりマイナス 7~9月期

 内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1.2%減で、2四半期ぶりにマイナスとなった。自然災害が相次いだ影響で、個人消費や輸出が落ち込んだ。

 GDPの約6割を占める個人消費は0.1%減と、2四半期ぶりにマイナスとなった。西日本豪雨や北海道地震の発生で、旅行や飲食などの消費が減ったことに加え、ガソリン価格の上昇や猛暑による野菜価格高騰が家計の消費意欲を冷やした。設備投資も0.2%減と、8四半期ぶりのマイナス。建設用の掘削機などの工場が被災し供給が滞ったことなどが影響した。

 公共投資は、17年度補正予算の規模が比較的小さく効果が薄れたため、1.9%減と5四半期連続のマイナ…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文815文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです