メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

ブルーシート「新固定法」開発、被災時の応急措置

レスキューアシストが開発した「ブルーシートキット」。平瓦にドリルで穴を開けて下地板(手前)を付け、棟瓦にかぶせたキットの板を合わせて留める=大阪府茨木市内で2018年10月29日午後1時24分、村瀬達男撮影

 被災地での応急措置として欠かせないのが、屋根のブルーシート張りだ。しかし、6月の大阪北部地震で張ったブルーシートの土のう袋が、9月の台風21号で飛ばされるなど課題が浮上。そんな中、大阪府茨木市と岸和田市で活動するボランティア団体が、下地板を瓦に固定することで飛ばされにくくするブルーシートの施工法を開発した。【村瀬達男】

 ブルーシートを張る一般的な工法は(1)屋根で採寸(2)地上でブルーシートを切る(3)シートの両端に…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文886文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです