メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波被害

三陸鉄道に待望の新車両 三セク路線で最長運行

JR久慈駅に到着した後、機関車に押されて久慈車両基地に移動する三陸鉄道の新車両=岩手県久慈市川崎町の三陸鉄道久慈車両基地で2018年11月13日、鹿糠亜裕美

 第三セクター三陸鉄道(岩手県宮古市)は13日、JR東日本から移管される山田線宮古-釜石間(55.4キロ)を走行する新車両を報道陣に公開した。東日本大震災の津波被害で不通となっている同区間は来年3月23日の開通予定で、移管後は久慈-盛間約163キロが結ばれて全体がリアス線に改称され、三セクが運行する…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです