メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤公判

大阪地検「府警が証拠消去」 弁護側要求映像

 大阪地裁で捜査の違法性が争われている覚せい剤取締法違反事件の公判で、弁護側が証拠開示を求めていた職務質問時などの映像データについて、大阪地検が「大阪府警の警察官が誤って消去した」と回答していたことが、関係者への取材で分かった。データは残っていないといい、被告の男(60)の弁護人は「捜査機関が都合の悪い証拠を故意に消した疑いがある」と批判している。

 弁護人によると、男は今年5月5日午後、大阪市平野区の路上で職務質問を受けたが、任意同行を拒否。平野…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです