メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津教委

坂本城の範囲狭く? 発掘調査で痕跡確認できず

坂本城「三の丸」跡と想定していた区画で出土した、ほぼ直角に曲がった幅約6メートルの溝跡=大津市で2018年11月9日午後3時18分、礒野健一撮影

 大津市教委は14日、戦国武将・明智光秀が築城した坂本城跡の「三の丸」南西部と推定される箇所(同市下阪本3、約825平方メートル)を発掘調査した結果、城の痕跡は確認できなかったと発表した。これまでの発掘結果や地名などから、城は本丸とみられる跡が見つかった琵琶湖岸から西約300メートルのJR湖西線付近までと推定されていたが、範囲が狭くなる可能性がある。

 坂本城は1571年の比叡山焼き打ち後、織田信長の命を受けた光秀が築城し、光秀が信長を討った「本能寺…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです