メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャラバン

ウレアさん家族と再会

12日・サポパン

 中米から治安の悪化と貧困を逃れ米国を目指す移民集団「キャラバン」数千人が12日、メキシコ中部ハリスコ州グアダラハラ近郊のサポパンに着いた。地元当局はイベント会場を一時滞在施設として開放。11日の宿泊予定地で見失ったホンジュラス人のホルヘ・ウレアさん一家は、1日早くサポパンに到着し、休養日に充てていた。

 キャラバンの大半は高速道路をヒッチハイクして移動する。当局はサポパンの一時滞在施設から約20キロ離れた高速道路の降り口まで、無料の送迎バスを運行していた。この日はウレアさんと電話がつながり、一時滞在施設のバスの降り口で待っていた。すると、思いがけず施設から散歩に出かける妻シンディさんと長男ホルヘちゃん(4)に会った。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです