メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サウジ記者殺害

「ボスに伝えて」深まる皇太子関与の疑い

サウジアラビアのムハンマド皇太子=AP

 【ワシントン鈴木一生】サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、サウジのムハンマド皇太子の関与の疑いが深まっている。ムハンマド皇太子を後押ししてきたトランプ米政権は、サウジへの圧力強化に消極的な姿勢をみせてきたが、中間選挙で野党・民主党に下院の多数派を譲り渡したこともあり、米議会や国際社会での批判をかわすために対応を迫られている。

 「ボスに伝えてくれ」。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12日、トルコの情報当局が収集したカシ…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文833文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです