メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

命絶った未成年アイドル 過酷な労働環境の実態は

松山市の地元アイドルグループに所属し、今年3月に亡くなった大本萌景さん=弁護団提供

 松山市を拠点に活動するアイドルグループのメンバーだった少女が、今年3月に自ら命を絶った。遺族は10月、過酷な労働環境や所属事務所のパワハラが原因だったとして損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。事務所はパワハラなどを否定している。法的責任の有無は今後法廷で争われ、少女の置かれていた状況も明らかになるが、この問題をきっかけに未成年のアイドル活動の実態に注目が集まっている。「夢」と引き換えに搾取される子供たちがいるのではないか。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

 亡くなったのはアイドルグループ「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバーだった大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)。遺族が当時の所属事務所だった「Hプロジェクト」(松山市)を訴えている。

 訴状によると、大本さんは2015年から同社に所属し、イベントなどで未成年にもかかわらず早朝から深夜まで平均10時間以上も拘束された。また、同社に「脱退したい」と伝えた際、スタッフから「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」などとLINEでメッセージを送られたり、「辞めるのであれば1億円支払え」と言われたりといったパワハラを受けた。さらに、芸能活動について「口外禁止」の契約条項があり、家族に…

この記事は有料記事です。

残り2677文字(全文3209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです