メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米大学に進学する外国人学生が2年連続減少=NPO調査

 11月13日、非営利団体の米国際教育研究所(IIE)が発表した年次の留学動向調査報告によると、米国の大学に進学する外国人の数が2年連続で減少している。写真はミシガン大学で9月に撮影(2018年 ロイター/Rebecca Cook)

 [ワシントン 13日 ロイター] - 非営利団体の米国際教育研究所(IIE)が発表した年次の留学動向調査報告によると、米国の大学に進学する外国人の数が、2年連続で減少している。

     2017/18学年度における外国からの入学者数は、前年度から6.6%減少。16/17年度は3.3%減少だった。

     大学の管理担当者や移民関連アナリストらは、トランプ政権によるビザや移民政策の変更で外国人の入学が阻害されていると指摘。IIEのアラン・グッドマン代表は、ドル高で米国の大学の授業料が比較的高額となる一方、カナダや欧州の大学が競って学生の獲得に乗り出していることに加え、米国での銃乱射事件の報道も学生に二の足を踏ませている可能性があると分析した。

     公的補助金など従来の財政支援が減少傾向にある中、米国の大学にとって、外国人学生は重要な資金源となっている。

     17/18年度は、前年度同様、外国人学生が多かったのは中国、インド、韓国からで、外国人学生の56.1%を占めた。

     IIEの統計は2004/05年から追跡されているが、グッドマン氏は、最近の減少は2001年9月11日に発生した9.11同時攻撃後の一時期に類似していると指摘した。

     *カテゴリーを加えて再送しました。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    4. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
    5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです