メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師国家試験

「地域枠」医学生は優秀 合格率、全国平均上回る

 地域医療に従事する人材を養成する大学医学部の地域枠の学生は、医師国家試験の合格率が全国平均よりも最大4ポイント高いとの調査結果を、全国医学部長病院長会議がまとめた。地域枠は地元出身の学生に限ることが多く、学力低下の懸念が一部にあったが、「成績優秀」と判明した。

 調査したのは、同会議の小林誠一郎・岩手医科大副学長のグループ。地域枠は2008年度に本格導入され、国公私立68大学に広がっている。初めての卒業生が出た13年度以降、4年間の卒業生の状況を調べた。

 医師になるには医学部卒業と国家試験合格が必要。新卒学生の合格率が最も高いのは13年度の98・3%で…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです