メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

慢性病患者の災害避難時の注意点 お薬手帳を忘れないで

 今年は地震や台風、豪雨など災害が相次ぎ、多くの住民が避難を余儀なくされた。そんなとき、人工透析に通う腎不全患者、日々の服薬や注射が欠かせない糖尿病患者はどう対処したらいいのか。専門家は、避難時はお薬手帳を忘れず持ち出し、日ごろから万一の際の対処方法を主治医に相談するよう勧める。

透析病院にまず連絡/糖尿病薬は食事で加減/不調は遠慮なく伝えて

 透析患者は、一般的に週3回の透析で血液中の老廃物などを除去する必要があり、受けられないと生命に関わる。9月の北海道地震では、全域停電により一部の病院で人工透析ができなくなった。

 大阪市東住吉区の仁真会白鷺病院にも多くの透析患者が通う。病院理事長の山川智之日本透析医会常務理事に…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです