メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

伊の障害者らの劇団初来日 ナンニ・ガレッラさん、イボンヌ・ドネガーニさん

 「個人の尊厳と自由がこの作品のテーマ。俳優たちが自らの人生をそれぞれの役に重ね合わせて演じた」と語るのは、イタリアの精神障害者らによる劇団「アルテ・エ・サルーテ」の監督を務めるナンニ・ガレッラさん(67)=写真右。東京や浜松市などで先月、同劇団の初来日公演があり、精神科病院に収監されたフランス革命期の貴族、サド侯爵らを描いた「マラ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです